TAIYO,NAKAJIMA & KATO
  HOME | ENGLISH
特許業務法人 太陽国際特許事務所
ホーム 事務所について 業務内容 所属弁理士 採用情報 TOPICS
 
他人の先取り商標
 
自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(特許庁からの注意)


 平成28年5月17日付で、特許庁のホームページに、「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」が掲載されました。主な内容は以下の通りです。
 
  • 一部の出願人が、他人の商標の先取りとなるような商標登録出願を大量に行っている。
  • これらの出願のほとんどが、出願手数料が支払われていない手続き上の瑕疵のある出願である。
  • 特許庁では、このような出願については、出願の日から一定の期間を要するものの、出願の却下処分を行っている。(※一定の期間を要するのは、出願手数料の支払いの機会を設けた上で、出願人が出願手数料を支払う意思のないことを確認してから出願を却下処分しているため。)
  • このような出願について、仮に出願手数料の支払いがあった場合でも、出願された商標が、出願人の業務にかかる商品・役務について使用するものでない場合(商標法第3条第1項柱書)や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願や第三者の公益的なマークの出願である等の場合(同法第4条第1項6号、7号、8号、10号及び19号)には、商標登録されることはない。
  • よって、仮に自身の商標について、他人がこのような出願をしたとしても、自身の商標登録出願を断念する等の対応をしないよう、ご注意ください。

詳しくは下記特許庁のホームページをご覧ください。
https://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsugan/tanin_shutsugan.htm

 自分が商標登録出願しようとしている商標について、既に他人の商標登録出願があったとしても、上記のような一部の出願人による出願手数料未払いの出願であれば、ご自身の出願を諦める必要はありません。出願手数料未払いの出願かどうかは、特許庁のデータベースJ-PlatPatの経過情報である程度確認することができます。また、既にある他人の商標登録出願が、商標の先取り出願(例えば、高い料金で買い取らせることを目的に、他人が話題の言葉や流行のブランドを大量に商標登録出願する)の可能性もあります。どうぞ私たちにご相談ください。

(例)
Aさんは「XXX」ブランドの洋服を宣伝・広告を行って販売しており、人気が出てきたので、商標登録出願をしようと考えた。



特許庁のデータベース(特許情報プラットフォーム)を見たら、既にBさんによって同じ商標が、商品「被服」について出願されていた。Bさんは、その他多数の商標登録出願を行っているようであった。