TAIYO,NAKAJIMA & KATO
  HOME | ENGLISH
特許業務法人 太陽国際特許事務所
ホーム 事務所について 業務内容 所属弁理士 採用情報 TOPICS
 
ゲンコツメンチ事件 〜結合商標の類否〜
 
結合商標とは、文字,図形,記号などを 組み合わせた商標のことです。例えば某牛丼チェーンの「丼のロゴに社名」は文字と図形の結合商標となりますし、宝くじ業務を専ら担っている某都市銀行の行名(平仮名+漢字)は文字と文字との結合商標ということになります。

比較する2つの商標が類似しているかどうかの判断(類否判断)は、外観・観念・称呼や取引の実情などを様々な角度から考察し判断されます。一般に対象が結合商標のとき、類否判断は通常よりも難しくなる傾向にあります。なぜなら、結合の強弱の程度を様々な角度から考慮しなければならないからです。一例を挙げますと、形容詞的文字(商品の品質・原材料などを表す文字)を有する結合商標の場合、結合の程度が弱くなり形容詞的文字が付加されていない商標と類似するとされます(例:スーパーライオン≒ライオン)。

近年、結合商標の類否が問題とされたケースとしてゲンコツメンチ事件があります。この事件では商標「ゲンコツメンチ」1と商標「ゲンコツ」2との類否が争われました(それぞれの指定商品は脚注をご覧ください)。裁判所は、以下の点などから、最終的に両商標は非類似であると認定しました。
(1)
商標「ゲンコツメンチ」は、標準文字で同書体等間隔に記載されているので、一体的に表記された外観を有しているから、「ゲンコツメンチ」の称呼が生じること。
(2)
商標「ゲンコツ」も標準文字で一連に一体的に記されているので、「ゲンコツ」の称呼が生じ、(1)とは称呼上異なること。
(3)
商標「ゲンコツメンチ」中の「メンチ」の部分は、「メンチカツ」を略したものとして取引者・需要者の間でそれほど普及しているものではなく、その他の部分(「ゲンコツ」)が強く支配的な印象を与えるものでもないこと。
「メンチ」の語が「メンチカツ」の略語として普及しているといえるかどうか、については意見の分かれるところかと思います。この判断に当たっては、地域的な事情なども考慮し様々な角度から準備された証拠資料を総合的に考慮して決定されるべきです。もし、「メンチ」の語が「メンチカツ」の略語として広く用いられていると判断されていれば、結合の程度が弱くなる可能性があり、結論が逆転していたかもしれません(「ゲンコツ」部分の識別力の強弱がどの程度と判断されるかにもよりますが)。

いずれにしましても、商標の類否判断には高い専門性が求められますので、「自己流」な判断に任せるだけでは思わぬ問題に直面するおそれもあります。僅かでも疑問や不安を感じるようであれば、お近くの専門家までご相談されることをお勧めいたします。

1 登録第5752792号 指定商品:第30類メンチカツを材料として用いたパン,他
2 登録第5100230号 指定商品:おにぎり、餃子、サンドイッチ,他