TAIYO,NAKAJIMA & KATO
  HOME | ENGLISH
特許業務法人 太陽国際特許事務所
ホーム 事務所について 業務内容 所属弁理士 採用情報 TOPICS
 
拒絶理由通知の応答期間の延長に関する運用の変更
 
【拒絶理由通知の応答期間の延長に関する運用が変更されます】

   2016年4月1日から、特許出願及び商標登録出願における拒絶理由通知の応答期間の延長に関する運用が変更され、延長請求のための合理的な理由は不要となり、応答期間経過後でも2ヶ月以内であれば、延長請求が可能(印紙代は割高)となります。
   そこで、運用変更後の「延長請求が可能な期間」と「延長される期間」について、以下の表にまとめましたので、ご参照ください。

【運用変更後】拒絶理由通知に対する応答期間の延長請求(※審判請求後は除く)

【特許出願】
  応答期間内 応答期間経過後2ヶ月以内
(応答期間内の応答無・延長無が条件)
  1回目 2回目 1回のみ
国内居住者 2ヶ月 不可 2ヶ月
在外者 2ヶ月 更に1ヶ月
(計3ヶ月)
2ヶ月

【商標登録出願】
  応答期間内 応答期間経過後2ヶ月以内
(応答期間内の応答、延長によらず可)
  1回のみ 1回のみ
国内居住者 1ヶ月 2ヶ月
在外者 1ヶ月 2ヶ月
※運用が変更されるのは、拒絶査定不服審判請求前の拒絶理由通知の応答期間の延長についてです。拒絶査定不服審判請求後については、運用の変更はございません(応答期間経過後の延長請求は出来ません。)。

以下では、特許出願と商標登録出願に分けて、変更点をご説明します。

  1. 【特許出願】
  2. 【商標登録出願】



1.【特許出願】
(1) 国内居住者
  @ 応答期間内(変更点に下線)
応答期間(60日)内に延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
延長請求手続に必要な印紙代は、2,100円です。
  A 応答期間経過後(新設)
応答期間(60日)経過後2ヶ月以内に延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
但し、当初の応答期間内に延長請求が認められた場合又は応答している場合、延長請求はできません。
延長請求手続に必要な印紙代は、51,000円です。
(2) 在外者
  @ 応答期間内(変更点に下線)
応答期間(3ヶ月)内に1回目の延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
2回目の延長請求を行う場合、応答期間は更に1ヶ月延長されます(2回の延長請求で、合計3ヶ月延長することが可能。)。
延長請求手続に必要な印紙代は、2,100円です。
  A 応答期間経過後(新設)
応答期間(3ヶ月)経過後2ヶ月以内に延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
但し、当初の応答期間内に延長請求が認められた場合又は応答している場合、延長請求はできません。
延長請求手続に必要な印紙代は、51,000円です。

2.【商標登録出願】
(1) 国内居住者
  @ 応答期間内(新設)
応答期間(40日)内に延長請求を行う場合、応答期間が1ヶ月延長されます。
延長請求手続に必要な印紙代は、2,100円です。
  A 応答期間経過後(新設)
応答期間(40日)経過後2ヶ月以内に延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
特許出願とは異なり、当初の応答期間内に応答している場合又は延長が認められた場合も、延長請求が可能です。
延長請求手続に必要な印紙代は、4,200円です。
(2) 在外者
  @ 応答期間内(変更無し)
応答期間(3ヶ月)内に延長請求を行う場合、応答期間が1ヶ月延長されます。
延長請求手続に必要な印紙代は、2,100円です。
  A 応答期間経過後(新設)
応答期間(3ヶ月)経過後2ヶ月以内に延長請求を行う場合、応答期間が2ヶ月延長されます。
特許出願とは異なり、当初の応答期間内に応答している場合又は延長が認められた場合も、延長請求が可能です。
延長請求手続に必要な印紙代は、4,200円です。
  B 国際商標登録出願に係る暫定的拒絶通報についても、上記@とAが適用されます。



詳細については、以下の特許庁ホームページをご参照ください。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/kyozetu_entyou_160401.htm