ソラリスIPグループ

ソラリスIPグループ(SOLARIS Intellectual Property Group)


SOLARIS IP Groupは、太陽国際特許事務所の協力事務所として、 チャド・へリングの協力を得て シェルダン・モスにより運営されているバージニア州の法律事務所です。
米国特許による保護を求める日本企業のお客様に効率的で一貫したサービスを提供致します。

体制

SOLARIS IP Groupには、特許取得手続きのすべての段階、及び、米国特許の非侵害及び無効化に関する鑑定において経験豊富な米国特許弁護士が在籍しております。
SOLARIS IP Groupの米国オフィスは、バージニア州アレキサンドリアの米国特許庁から徒歩数分の至近な場所に位置しております。
また、SOLARIS IP Groupに在籍の米国特許弁護士のうち、少なくとも1名が、太陽国際特許事務所の東京オフィスに常駐しています
このような体制で、日本のお客様に常にアクセスできる環境を提供し、同時に米国特許庁への迅速な手続きが可能な体制を整えています。

※(チャド・へリングは太陽国際特許事務所の東京オフィスに常駐しており、シェルダン・モスは1年のうち9ヶ月は米国に滞在し、3ヶ月は太陽国際特許事務所の東京オフィスに滞在しています)

SOLARIS IP Groupの特徴

① 便利なアクセス環境をご提供します

日本に居ながら米国特許弁護士に直接相談することができます。
SOLARIS IP Group在籍の米国特許弁護士のメンバーは、太陽国際特許事務所の東京オフィスに常駐しています。
 

 

② 急な依頼にもご対応致します

米国特許の非侵害及び無効化に関する鑑定書の提供については、早急な対応が必要な場合があります。SOLARIS IP Groupでは、通常、正式なご依頼後1~2週間以内に鑑定書のドラフトをご提供いたします。

③ 円滑な業務依頼が可能です

通常、日本のお客様が米国の法律事務所に業務を依頼する場合、現地の法律事務所とコネクションのある日本の特許事務所を通じて、メールや電話で連絡を行うことが普通です。
また、日本と米国との時差の関係で、1回の通信に1日以上を要することが多いです。
一方、SOLARIS IP Groupのお客様は、太陽国際特許事務所の東京オフィスに常駐の米国特許弁護士に直接依頼をすることが可能なため、このような問題が生じることがありません。
 

④ 事務手続きを簡略化

SOLARIS IP Groupに業務をご依頼いただいた場合には、事務関連業務を太陽国際特許事務所に一元化し、事務所手数料や現地特許庁費用は太陽国際特許事務所よりまとめて請求させていただきます。
お客様が現地代理人(米国の法律事務所)と直接取引する場合と比較し、米国代理人への連絡、送金などの事務処理に関する手続きを簡略化し、業務効率を向上させることができます。
 

⑤日本語での依頼が可能です

日本での米国特許弁護士との面談時には日本人担当者も同席致します。
また、米国オフィスにも日本語を母国語とするスタッフが常駐しておりますので、すべての手続きにおいてストレスのない日本語での相談が可能です。

現地住所


401 Holland Lane, Suite 407, Alexandria, Virginia 22314  map