ニュース

お知らせ


 2022.07.01

ソラリスニューズレター発行

Sunoco Partners Marketing & Terminals L.P. v. U.S. Venture, Inc. 事件


 2022.06.02

ソラリスニューズレター発行

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は、人工知能(AI)が米国特許出願の発明者になれるかどうかを判断します


 2022.05.26

INTA(国際商標協会)年次総会 ワシントンDCへの参加

INTA(国際商標協会)は1878年に創設された知的財産分野の非営利団体です。


 2022.04.27

ソラリスニューズレター発行

Niazi Licensing Corp. v. St. Jude Medical S.C., Inc.


 2022.03.31

ソラリスニューズレター発行

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は 、クレームの用語がMPF形式であるかどうかの判断手法を示しました


 2022.03.17

「DXマーク認証」取得のお知らせ

この度、太陽国際特許事務所は、一般社団法人 中小企業個人情報セキュリティー推進協会が認定するDXマーク認証制度において、ブロンズ認証を取得しましたので、お知らせいたします。


 2022.03.02

ソラリスニューズレター発行

Strathclyde大学 v. Clear-Vu Lighting社事件


 2022.01.28

ソラリスニューズレター発行

「除くクレーム 」の明細書記載要件に関する連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)の見解


 2021.12.24

ソラリスニューズレター発行

不十分な記載のために、クレームは無効とされました


 2021.12.01

ソラリスニューズレター発行

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は数値範囲についての明細書記載要件について検討しました


 2021.10.28

ソラリスニューズレター発行

35 U.S.C. §287(a) 条文の特許表示要件について


 2021.09.29

【ご注意ください:EPO等を装った偽の請求書について】

特許出願等の公開や登録に関して、欧州特許庁(EPO)や世界知的所有権機関(WIPO)などの公的機関を装った偽の請求書が送られてくる事例が報告されています。


 2021.09.29

ソラリスニューズレター発行

意匠特許事件における非自明性の客観的な証拠に関する連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)の見解


 2021.09.01

所長交代のご挨拶

このたび、太陽国際特許事務所の所長職を退任し、会長職を務めることになりましたので、一言ご挨拶申し上げます。

 2021.08.16

「すごい知財サービス EXPO 2021」出展のお知らせ

弊所は2021年8月19日(木)~20日(金)、完全オンラインで開催される特許マッチングのためのウェブ展示会「すごい知財サービス EXPO 2021」に出展します。


 2021.07.29

ソラリスニューズレター発行

異なる実施形態から得られた複数のクレーム要素のサポート要件に関する連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)見解


 2021.06.29

ソラリスニューズレター発行

出願人による審査遅延は審査懈怠との判断をもたらす可能性があります


 2021.05.31

ソラリスニューズレター発行

USPTOは、PTAB審判官の任命に関する連邦最高裁による見解を待っています


 2021.04.27

ソラリスニューズレター発行

「Module」はミーンズ・プラス・ファンクション(機能表現)と解される可能性があります


 2021.04.26

【ご注意ください~米国特許商標庁を騙る詐欺メールについて~】

「米国特許商標庁(USPTO)」を騙る架空の組織から、お客様へ直接、費用(登録費用/更新費用等)の支払いを促す書面が、郵便やeメールで届く事例が報告されています。


 2021.03.31

ソラリスニューズレター発行

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は 、裁判所は明白な誤記を含むクレームを書き直さないと再び示しました


 2021.03.01

ソラリスニューズレター発行

原告が訴訟前調査をしなかったために弁護士費用を負担することになりました


 2021.01.29

ソラリスニューズレター発行

「at least one of A, B and C」という表現の文法的な解釈は「a plurality of A, B and C」にも当てはまります


 2021.01.20

新型コロナウイルス感染症の影響により期限徒過した特許庁手続きの回復について

新型コロナウイルス感染症の影響によって、多数の企業様でリモート業務等の特別な取り組みが急速に導入されています。


 2020.12.28

ソラリスニューズレター発行

訴訟前のメールを削除することは訴訟中における制裁をもたらす可能性があります


 2020.12.01

ソラリスニューズレター発行

放射線で可視化される印刷物に係るクレームの有効性に関する連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)の見解


 2020.11.02

ソラリスニューズレター発行

最も広い合理的な解釈は、明細書を踏まえて検討されなければなりません


 2020.10.29

海外向けウェブセミナー(中国・深圳)

中国・深圳で開催されたウェブセミナーの講師として弊事務所の弁理士が参加しました。


 2020.09.28

ソラリスニューズレター発行

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は、技術規格の準拠を示すことで特許侵害を立証することについて述べました


 2020.07.29

ソラリスニューズレター発行

米国連邦最高裁判所は「Booking.com」が商標登録に適格であると判断しました


 2020.07.03

ソラリスニューズレター発行

地裁は、弁護士費用を敗訴者負担とする際、事件が「例外的」であると判ずる理由を説明しなければなりません


 2020.06.01

ソラリスニューズレター発行

米国政府は特許権者に特許権のライセンシング(実施許諾)を強制することができます


 2020.05.15

フィンランド事務所のインターネット情報配信番組へ所員がゲスト参加

フィンランド ベルグレン事務所のインターネット情報配信番組(BERGGREN Live Radio)に弊事務所の弁理士がゲストとして参加することになりました。


 2020.04.01

ソラリスニューズレター発行

CAFCは特許表示がない特許製品に関する見解を述べました


 2020.03.16

オンライン事務所説明会開催のお知らせ(弁理士、特許技術者向け)

事務所説明会をオンライン形式で開催致します。


 2020.03.11

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について

弊所では、お客様からご依頼いただいた業務に支障の出ないよう、コロナウイルス対策に特化した種々の取り組みを導入しています。


 2020.02.28

新型コロナウイルス対策へのご協力について(お願い)

弊所では、お客様からご依頼いただいた業務に支障が出ないように、感染予防及び非常時の業務継続を目的とした「テレワーク(一部在宅業務)」「分散勤務」「時差出勤」などの対策を実施しております。


 2020.02.28

ソラリスニューズレター発行

クレーム範囲が部分放棄によって狭く限定されました


 2020.01.28

ソラリスニューズレター発行

CAFCはマーカッシュ形式のクレームの解釈に関して見解を述べました


 2020.01.27

「欧州意匠セミナー 2月3日(月)開催」のお知らせ

2020年2月3日(月)、「欧州意匠セミナー」を開催いたします。


 2019.12.25

特定地域(イラン・キューバ・クリミア、等)への諸手続きをご検討中のお客様へ

現在、米国の財務省外国資産管理室(OFAC)は、米国の安全保障上問題があるとされる特定の地域への送金について、世界規模で監視を行っており、それらの地域への送金を停止させるといった措置を行っています。


 2019.12.04

ソラリスニューズレター発行

CAFCは意匠特許における自明性に関して見解を述べました


 2019.11.25

各国特許性の相違点を踏まえた主要輸出国における特許権利化戦略(韓国・ソウル)

韓国・ソウルにて開催された知財セミナーに講師として1名のメンバーが参加しました。


 2019.11.22

海外知財セミナー(中国・深圳)

中国・深圳にて開催された知財セミナーに太陽国際事務所から2名の弁理士が参加しました。


 2019.11.20

APAA Council Meetings 2019 in Taipei, Taiwan

70回目となる理事会が、11月9日~12日の5日間、台湾の台北で開催されました。


 2019.11.08

海外知財セミナー(中国・青島)

中国・青島にて開催された知財セミナーに講師として弊事務所から1名のメンバーが参加しました。


 2019.11.01

ソラリスニューズレター発行

クレームにおける程度を示す用語は明確な場合もある


 2019.10.28

第10回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー in Tokyo

セミナー、懇親会へご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


 2019.10.08

海外知財セミナー(ドイツ・シュトゥットガルト)

ドイツ・シュトゥットガルトにてバーデンヴュルテンベルク州特許商標センターにより開催された知財セミナーに講師として弊所から1名のメンバーが参加しました。


 2019.09.17

「第10回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー 10月21日(月)開催」のお知らせ

2019年10月21日(月)、「第10回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー」を開催いたします。


 2019.07.18

北海道大学 2019年度キャリアパス多様化支援セミナー

北海道大学で開催された「キャリアパス多様化支援セミナー」に、弊所から上原 和貴 弁理士が講師として参加しました。


 2019.06.10

INTA 141st Annual Meeting 2019 in Boston

米国、ボストンで開催されたINTA(International Trademark Association)の年次大会に、弊所から9名のメンバーが参加しました。


 2019.03.14

海外知財セミナー(米国、カリフォルニア州)

米国カリフォルニア州ロサンゼルスでLAIPLA(ロサンゼルス知的財産権法協会)により3月5日に開催された知財セミナーに、パネリストとして弊所から1名のメンバーが参加しました。


 2019.02.07

メディア掲載のお知らせ(医療機器と特許)

弊所の田中 宏明 弁理士のコメントが、フジサンケイビジネスアイ【Bizクリニック】で紹介されました。


 2018.12.25

APAA General Assembly 2018 in New Delhi

18回目となる総会と、68回及び69回となる理事会が、11月17日~21日の5日間、インドのデリーで開催されました。


 2018.11.08

第 5 回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー in Tokyo

セミナー、懇親会へご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


 2018.10.10

「第 5 回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー 11月2日(金)開催」のお知らせ

2018年11月2日(金)、「第 5 回 日米欧中韓グローバル特許実務セミナー」を開催いたします。


 2018.07.05

知財セミナー(米国、ニューヨーク州)

米国、ニューヨーク州シラキュースで開催された知財セミナーに、弊所から発表者1名を含む2名のメンバーが参加しました。


 2018.06.26

INTA Annual Meeting 2018 in Seattle U.S.

米国、シアトルで開催されたINTA(International Trademark Association)の年次大会に、弊所から8名のメンバーが参加しました。