ニュース

ミャンマー商標法 運用開始延期

2020/05/21(更新:2020/08/04)

ミャンマー商標法 運用開始延期

2019年12月18日付の弊所ホームページ「ニュース」欄にて、「ミャンマー商標法の運用開始」のお知らせを行っておりましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により、ミャンマー商標法の運用開始が無期限に延期されることとなりました(注1)。
 
この延期を受け、当面の間は、現行の方法(商標所有の宣言を登記する方法)により商標保護を図ることとなる模様です。
ミャンマーにおける商標保護に関しましては、続報を随時掲載する予定ですので、引き続きご確認ください。
 
 
2020年8月4日追記:
2020年7月27日時点で進展はありません。
弊所記事は複数の海外事務所からの情報に基づいて執筆しています。
 
 
(注1)ミャンマー商標法は、移行のための約6カ月のソフトオープニング期間を経た後、一般の商標登録出願受付開始が予定されています。当初のソフトオープニング期間は2020年1月2日に運用開始が予定されていました。
(注2)本稿は2020年4月末時点での情報に基づいております。
 
 
関連記事:ミャンマー商標法の運用開始(2019/12/18掲載)
 


 
記事担当者:意匠商標室 関島 昌子
 
本件に関して、ご不明な点などございましたら、下記お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
(お問合せの際は記事のタイトル、弊所 担当者名をご記入いただくとスムーズな対応が可能です。)